「早漏」だと悩んでいませんか?悩み過ぎる前に克服して自信に満ちあふれたセックスライフを!

男性の心って思った以上にデリケート。セックスに対して自信がなくなってしまっては問題です。彼女や奥さんとのセックスライフに悩みはないですか?「早漏」だと思えば思うほどセックスから遠ざかっていないですか?気になるなら治療すればいいんです!

*

病院やクリニックで早漏はどのような治療をするのか?

      2016/04/05

セックスにおける射精の時間に個人差がありますが、挿入前に射精が起こってしまうなどの場合は、あきらかに早漏と言えますので、改善を考えている人もいるのではないでしょうか。
こうした場合も治療を行うことで改善が得られることがありますので、まずは安心して相談できるクリニックや病院を見つけておきましょう。

治療内容としては薬剤注入や手術、治療薬の服用などがあげられています。

薬剤注入

まず早漏になってしまう人は、亀頭部分が敏感になりすぎていることがあげられますので、それを改善する治療を行えば、より射精の時間を長くできることが期待できます。特に手軽に行える方法では、薬剤注入があげられます。

これはヒアルロン酸やコラーゲン、アクアミドなどを亀頭部分に注入し、皮膚を厚くして刺激を抑えていくことが出来ます。注射だけで良いので、短時間で行うことができ、傷が残る心配もなく、回復するまでの時間も少なくなっています。
早漏の改善はもちろん、増大効果も得られることで注目されていますが、薬剤も体内に吸収されるタイプ、吸収されずに残るタイプがありますので、好みに合うものを選んでいきましょう。

包茎手術や包皮小帯切除

他では包茎が早漏の要因となっていることもありますので、包茎手術も検討してみましょう。射精を長くできることはもちろん、見た目も良くなりますし、清潔を保ちやすくなるというメリットもあります。

さらに、包皮小帯切除という治療もあります。この場合は、包皮小帯部といわれる裏筋部分を切除し、取り除くという方法で、局所的に感覚を鈍くすることができます。包皮小帯部が敏感、範囲が広いという人は、こうした施術も検討してみてはいかがでしょうか。

鬼頭冠焼灼

そして、亀頭部分のカリの部分が敏感という人がいますが、こうした場合は鬼頭冠焼灼という施術で対応することができます。
鬼頭冠焼灼は電気メスを使う方法で、刺激に対する強化を行うことができます。この場合も短時間の施術で済み、通院も不要です。

内服する治療薬

治療ではかなりの高い改善効果を期待することができますが、やはり敏感な部分ですので、針やメスを入れることに抵抗を感じる人もあるのではないでしょうか。そういった場合はまずは治療薬を試してみることがおすすめです。

薬の場合はセックスの前に飲むだけですので、体への負担もなくより安心して利用することができます。早漏になってしまう人は、脳内で異常な興奮が起きていることも多いですが、治療薬を飲むとセロトニンの量を増やすことができ、より落ち着いてセックスを楽しめるようになります。

手術を検討しているという人も、まずはこうした薬で改善を目指してみてはいかがでしょうか。